奥多摩に酒あり
c0136198_2394545.jpg

東京の奥座敷、奥多摩。

東京・奥多摩のお酒といえば銘酒「澤乃井」。
蔵元の小澤酒造は元禄15年(1702年)の創業です。
澤乃井の敷地は渓谷に面し、美しい自然を楽しむのにもってこい。
こちら多摩川のほとりに広がる庭園「澤乃井園」は売店や無料休憩所があります。
今日は大学生たちがゆかたで日本酒を楽しんでいました。サークルかな?
奥多摩渓谷を肴として味わいながら銘酒「澤の井」を呑む。最高です。 ^^

c0136198_23101827.jpgc0136198_2311262.jpg
















c0136198_23112484.jpgc0136198_23115785.jpg
















c0136198_2312205.jpgc0136198_23124060.jpg
















c0136198_0324195.jpg今日はお店の方オススメの本地酒を買って
きました。キレとコシが強くておいしい♪
澤乃井を支える仕込水には奥多摩の自然が
育んだ岩清水を使っているそうです。
やはり旨い酒には旨い水ですね。

小澤酒造では、利き酒付きの酒蔵見学を無料で行っているので、次回は電車で来て利き酒を楽しみたいなぁ~。
帰りは、古い趣ある茅葺き屋根の民家の「玉川屋」で手打ち蕎麦をいただきました。

たまには日常生活から離れ、水の音と風の音、
鳥の鳴き声に耳を澄まして、おいしい空気をたっぷり味わって、リフレッシュしなくちゃ。

明日からまた慌しい一週間がはじまります。
[PR]
by buzz-buzz07 | 2009-07-05 23:09 | □ちょっとそこまで
<< キャベツ消費メニュー 夏の始まり >>