<   2007年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧
MOCHI CREAM
c0136198_18324323.jpg

MOCHI CREAM モチクリーム。

一度食べたらヤミツキになるモチクリーム。
全種類のフレーバーを食べ尽くそうと思いつつ、いまだ制覇出来ず。
今回は 「初モチクリーム」 の母と姪っ子に優先的にフレーバーの選択肢を
泣く泣く譲ってあげた。えらいぞ、ワタシ(笑)。

で、ありつけたのは、 〔カフェオレ〕 と 〔りんご〕。
りんごはお初、ラッキー♪ んまい、んまい。やっぱりどれもんまいね~
あのもちもち感とふんわり感はホントたまらない。

一口食べた姪っ子が、
「これって、 “雪見だいふく” だよね!」 とNGワードを・・・・。

うん、たしかにそーなんだけれども。^^;
大人はなぜか弱いんだな、このテのものが。


***

姪っ子の運動会。
土曜も日曜も雨で延期に。次回はおそらく平日なのでワタシは見に行けない。
姪っ子の 「花笠音頭」 「80メートル走」 楽しみにしてたのになぁ。
でもきっと、姪っ子が運動場に出てきただけで泣いちゃうかも。
子供を持つのって、こんな感覚なのかな。
近頃、やたら涙腺が弱いワタシ。
[PR]
by buzz-buzz07 | 2007-09-30 19:22 | □美味しい匂い
土曜の朝は
c0136198_1014367.jpg

土曜日の朝食。

土曜の朝は、たいてい冷蔵庫の残り物を整理する。
共働きの我が家では、平日あまり買い物に行けないので
土日にある程度買いだめしておくのです。
冷蔵庫をからっぽにしてから買い出しへGO!
ふたりで両手いっぱい買っちゃいます。
お宅何人家族なの!?っていうくらいに・・・・。


今日は姪っ子の運動会でしたが、雨で明日に延期。
本当なら今日は姪っ子の誕生日でもあるので
運動会&誕生会の予定だったのが誕生会オンリーに。
手作りのケーキでも焼ければいいのだけれど、
ホットケーキミックスでホットケーキを焼くのが精一杯。
そんな私をよそに、最近、姪っ子はパン教室に通っているらしい。
小学四年生、そろそろ料理やお菓子作りに興味が出てきたらしい。
ワタシが追い抜かれる日も近いのでは?と内心ヒヤヒヤ。
いや、もうすでに追い抜かされている、、、に違いない。
[PR]
by buzz-buzz07 | 2007-09-29 10:42 | □日々の食卓
ラッピング
c0136198_18465613.jpg

ラッピング。

美しいラッピング、かわいらしいラッピングに釘付け。
ラッピングが素敵だと、もうそれだけで嬉しくなる。
中身そっちのけで、そのまま飾っておきたくもなる。

ラッピングにちょっとひと手間かけることで贈る方も受け取る方も
喜びが倍になりそうな気がしますよね。
受け取る方の顔を思い浮かべながらラッピングするのも楽しくて。
色や素材の組み合わせで季節感を表現したり、
中身とラッピングをリンクさせたり。

おおげさなものじゃなくていい。
簡単でさりげなく、かわいらしく包んでみたい。
ラッピング上手は贈り物上手だと思う。

でもワタシは目下のところ、ラッピングすることよりも
ラッピング素材を集めることに精を出している気がする。
オット曰く 「がらくたが増えてるだけ。」 だってさ~。
ムキーーーッ。

くやしいけど、当たってる(笑)。
[PR]
by buzz-buzz07 | 2007-09-28 19:24 | □生活空間
セロリと肉団子のスープ
c0136198_1728117.jpg

セロリと肉団子のスープ。

定時で帰宅しても外は真っ暗。秋の夜長も楽しいですが、会社を出たときに
外が暗いと、もう一日が終わったような気がしてちょっとだけがっかりします。
外が明るいと、まだまだこれから、寄り道していこうかな、という気になります。
ワタシが夏が好きな理由はその辺にあるのかもしれない。
一気に日が落ちてしまい、少し寂しい今日この頃。
お給料が出ましたが、真っ直ぐ家に帰ります。

少々肌寒いので、汁ものが恋しくなりました。
買い物に行かなかったので冷蔵庫にあるもので・・・・・
セロリと肉団子のスープに決定。中華風にしました。
スープにするとセロリ2本なんてあっという間。
[PR]
by buzz-buzz07 | 2007-09-26 19:06 | □日々の食卓
お月見
c0136198_1633109.jpg

秋風に たなびく雲の 絶え間より もれいづる月の 影のさやけさ /左京大夫顕輔

秋風の吹くのによって、たなびく雲の切れ間から、もれ出でてくる月の光は、
なんと明るく澄みきっていることだろう。


c0136198_16333014.jpg今宵は中秋の名月。
お月見ですね。
まぁ~るいお月様を見ながら、
まぁ~るいおだんご食べて。

中秋の名月が満月でなくても
いーんです。

おだんごがまぁ~るくなくても
いーんです。



お酒を飲みながら、おだんごを食べながら、あるいはごろ寝をしながら、
この機会に名月を眺めながら、少し風流な気分を味わってみようと思います。


c0136198_16341436.jpg


かわいいうさぎちゃんたちの中身は「こしあん」です。
おっきな黄色いお月様のようなお饅頭と共に、あと数時間後には
ワタシのお腹の中に納まっていることでしょう。。。
ごめんね^^;

c0136198_1634328.jpg



そろそろ陽も落ちてきて、お月見という名ばかりの宴会が始まります。


c0136198_17215984.jpg

ん?言ってることが・・・・・!?(汗)
[PR]
by buzz-buzz07 | 2007-09-25 17:39 | □彩り・季節
まちの記憶に会いに行く
c0136198_20454058.jpg

       ■「まちの記憶に会いに行く」 cities on the book■

「ISSUE* LIFE STYLE」のissueさん より、
「まちの記憶に会いに行く」 cities on the book が届きました!

<ISSUE* LIFE STYLE 1周年記念プレゼント> に当選したのです♪

しかも素敵なポストカードのおまけつき!^^
見慣れた写真があるなぁ~と思ったら、なんとissueさんのポストカードに混じって
私のブログの写真のポストカードがあったのです。
issueさんが私の写真を加工して作ってくださったのでした。
もう、うれしくてうれしくて鼻血ブー!でしたよ。
自分の写真のポストカード、なんだかくすぐったかったぁ~。

ちなみにこのポストカードは、もちろんissueさんの写真です。
どれもこれも素敵ですよね。
c0136198_23153169.jpg



「まちの記憶に会いに行く」 cities on the book

別府の路地のあちらこちらに設置されている琺瑯看板に記された
まちの記憶をたどる旅。
かわいらしい琺瑯看板に出会う度、絵本を1ページずつめくる時のように
次は何が描かれているのかな?次は何に出会うのかな?というような
わくわくした気持ちになることでしょう。
別府のまちのたくさんの物語を素敵な写真と文章、イラストで紹介した
ガイドブックです。遠りいっぺんの紹介で消費されてゆくようなそれとは違い、
自分たちの手で足でコツコツと作り上げた心がこもっていて、とても丁寧に
つくられているのが伝わってきます。
作り手が大事にされている「ひと・もの・こと」を感じられる1冊。
あたたかくて、贅沢な気分にさせてくれます。
いつかこのガイドブックを手に、次の物語を求めて琺瑯看板を探しながら
別府のまちをゆっくりお散歩したいと思いました。

“あなたも物語を探すちいさな旅にでてみませんか?”


c0136198_20455180.jpg

                                   Thank you! issue!
[PR]
by buzz-buzz07 | 2007-09-24 14:40 | □ちょっとだけ特別
お菓子の家 鎌倉小川軒
c0136198_2191139.jpg

鎌倉小川軒 定番商品のレーズンウィッチ。


c0136198_2195053.jpg
鎌倉 小川軒
レーズンウィッチで有名な小川軒。
代官山を筆頭に、御茶ノ水、目黒、新橋(他にあるのかな?)の小川軒がありますが、「お菓子の家 鎌倉小川軒」は「代官山 小川軒」の暖簾分けで、レーズンウィッチは手作りしてます。
このレーズンウィッチの包み紙が店舗によって異なるそうですよ。しかも店舗で味も違うとか。食べ比べをしてみるのも楽しいかも。

(たしか小川軒って、兄弟や親戚で各々のお店をやっているんですよね?)

c0136198_21132759.jpg


鎌倉小川軒のレーズンウィッチは、スライスアーモンドがのった香ばしいサクサクサブレクッキーの間に、さほど甘くない生クリームと、ジューシーなレーズンがたっぷり入っています。
ワタシのまわりでは、「六花亭 マルセイバターサンド」と人気を二分しているかな。
ただ、ここで問題が!なんと、ワタシはレーズンが苦手なのです~(汗)
いつも誰かにレーズンだけ取り出して、食べてもらってます・・・・。(大ヒンシュク)
でもでもでも、レーズン以外はおいしくいただいております♪♪


c0136198_2110253.jpg

併設しているカフェでお茶タイム。サイコロみたいな形をしているのは「石畳」というケーキ。
石畳という名前とは逆に、ふわふわやわらかなスポンジケーキです。
表面はチョコレートクリームでコーティングされていて、さらにココアパウダーがかけてあります。中身は下から順に、薄いチョコレートスポンジ、チョコレートクリーム、スポンジ、生クリーム、一番上にチョコレートスポンジが重ねられています。クリームとスポンジの多層構造ですが、スポンジよりもクリームが多目でしっとり気味。
名前は「石畳」と和風ですが、実はふんわりこってりなケーキで、大満足♪♪♪


c0136198_21102356.jpgカフェスペースには、背の低い椅子とテーブルが置かれていて、4卓程で10数人でいっぱいになります。けど、ゆったりしたスペースなのでくつろげますよ。ケーキは食べたいものをショーウィンドウから選ぶ形式。
このテーブルと椅子のセットがメチャかわいくて、このまんま持って帰りたかった!

c0136198_21103526.jpg


c0136198_21105189.jpg
カフェでは、「湘南のイラストレーター おおばひろし展」が開催されていました。

60才を過ぎてから絵の世界に入り、湘南や横浜を中心に活躍。作風はポップで楽しいコンピュータグラフィック(MACで描いてるそうです!)で、夢や希望にあふれたまさに“おおばワールド”。そして偶然にもおおば氏が来店されました!ラッキー♪

c0136198_2111220.jpg






江ノ電が届ける10人の湘南アーティストたち ~ エンセン・テン

エンセン・テン(沿線展)は、毎回10人の湘南アーティストが江ノ電とひとつになって、地域文化の向上をめざす、秋のアートイベント。
江ノ電の車内や駅、沿線のお店がギャラリーになるそうです。おおばひろし展もその一環。
60を過ぎても少年のような感性がすばらしい。
[PR]
by buzz-buzz07 | 2007-09-23 10:10 | □美味しい匂い
エチオピアンロングピアス
c0136198_1814822.jpg

エチオピアンロングピアス。

極小粒のエチオピアンシルバーとアンティークビーズ、ターコイズなどで
作られたピアス。

髪をひっつめていた今夏、シンプルなTシャツスタイルのアクセントにと
大活躍してくれました。

ピアスフックはsilver925です。
[PR]
by buzz-buzz07 | 2007-09-18 21:35 | □お気に入り
肥ゆる秋のはじまり
c0136198_16204160.jpg
新宿高野・和風パンナコッタ。

パンナコッタ、タピオカ、甘夏、ココナツミルク、白玉、
そして一番下にはつぶあんが入っている具だくさんのデザート。
これでなんと¥399なのだ!

これだけ入っていても 「ケンカ」 しないんです。
これでもか、これでもかってカンジ。

けど、甘すぎないのが不思議。



心地よい秋風に吹かれながら、白玉をほおばる。
パンナコッタとタピオカをちゅるちゅる。
最後に甘夏をぱくり。

肥ゆる秋のはじまり、はじまり。

c0136198_16215249.jpg

[PR]
by buzz-buzz07 | 2007-09-17 16:49 | □美味しい匂い
神奈川県立近代美術館 鎌倉
c0136198_19931100.jpg

「建築と暮らしの手作りモダン - アントニン&ノエミ・レーモンド」展


c0136198_19451867.jpgアントニン・レーモンド(Antonín Raymond, 1888 - 1976)

チェコ出身の建築家。フランク・ロイド・ライトのもとで学び、ライトと供に帝国ホテル建設の際に来日。その後日本に留まり、モダニズム建築の作品を多く残す。日本人建築家に大きな影響を与え、「現代建築の父」と言われている。

いきなり話飛びますが、ライトが設計した「落水荘」が大好きです。居間の大きな岩2つを始め、床のガラスの扉を開けると川と滝が見ることができるというような想像もつかないような建物。自然をそのまま建物の中に取り入れてしまう発想がすごい。ピッツバーグまで観に行きたい(笑)。


c0136198_12113491.jpg
レーモンドの作品、横浜・元町公園内にあるエリスマン邸は有名ですが、同じく横浜・伊勢佐木町の伊勢佐木モールにある不二家もレーモンドが設計したそうです。展示室にはレーモンド夫妻が設計した作品が、図面、写真、模型、家具、テキスタイル、絵画、彫刻、ビデオなどによって紹介されています。


c0136198_1945650.jpg
神奈川県立近代美術館 鎌倉

鶴岡八幡宮の境内にある美術館なので、この池(写真下↓)のすぐ向こうは八幡様です。
ずいぶんにぎやかだなぁと思ったら、この日は八幡様で例大祭の流鏑馬神事がおこなわれていました。どうりで駅から八幡様までの「小町通り」が混んでるはずだぁ~。往年の(?)原宿・竹下通りかと思うくらいの混雑ぶりでした。美術館へ行く日ずらせばよかった・・・・。

シンプルモダンな白いこの美術館は55年も前に建てられたそうです。


c0136198_19105825.jpg

c0136198_19104895.jpg


        2階から中庭を見渡すと、何やら物体が・・・・・!?
c0136198_12112283.jpg


と思ったら、イサム・ノグチの「コケシ」でした。
石で造られている雛人形のような愛らしさがある彫刻です。
中庭の雰囲気に妙にマッチしていました。
屋根のない中庭から望む空の景色は最高です。空が自分だけのものになったみたい。
いつか自分の家が持てたら、中庭を造りたいなぁ~。(←夢はデッカク!)

c0136198_19453098.jpg

c0136198_19102062.jpg


c0136198_1910132.jpg
池の前には石の彫刻があります。
← こちらはチョコボールのような石ですが、結構大きいんですよ。間違っても口には入りませんから~(笑)。

c0136198_1211658.jpg











久しぶりの鎌倉は混んでいたけれど楽しかったなぁ~。
もう少し涼しくなったら、お寺や神社巡りでもするか。
[PR]
by buzz-buzz07 | 2007-09-16 20:43 | □ちょっとそこまで